ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ビビンバ吉田です。

このたび、
いーの!だめの?
というサイトで創作活動をされている*あかね*さんより
しちょひしょの漫画テンプレートをいただきました。
私が絵を描くのを死ぬほど苦手とし、学生時代の美術の成績が2だったことを知っているかのように
送ってくれたので早速使わせてもらった次第。

ちょっと試しに2個だけ前回のに当てはめて作ってみました。

20140817_1




















20140817_2



















なんかね、やってみたら話の内容によって合う合わないという市長と秘書に組み合わせがある気がしました。
不思議!

あと漫画の中に文章の縦書き編集入れようとしたらペイントだと縦書き文字挿入が出来なくてエクセルでいったんつくったのを切り貼りするというワケのわからない編集の仕方になったのでそのへんも考えなきゃいけないんだなあ、デジタル漫画って難しいなあと思いました。

もし本格的に考えるとしたら、市長と秘書の人物バリエーションは大量にあってもいいけど、
表情や立ち絵のバリエーションを増やしてはいけない、そんな漫画になりそうです。
わかんないけどそれがしちょひしょなのです。
スポンサーサイト
スマートフォンアプリ市長

「市長!市の情報などを配信するスマホアプリを作りませんか」
「ほほう、ガチャでスーパーレアが出たら税金キャッシュバックとかだな」
「だいぶ違います」
カッ。ドサリ。                                   完


「市長!自分はニホンオオカミの生き残りだと名乗る男が保護を求めています」
「どう考えても人間だろそいつ」                        完


「市長!池にボートを浮かべましょう!」
「どうした」
「3艘!」
「どうした」                                     完


「市長!市の歴史資料館が相変わらず全く収益出ません」
「我々が輝かしい歴史を作ったとき、自然と収益があがるようになっているだろう」
「なんか気持ち悪いです」
カッ。ドサリ。                                     完


「市長!廊下を走らないで下さい!」
「ふむ、ならば!」
フワーーー
「気軽に浮かないで下さい」
カッ。ドサリ。                                     完


特別読み切り ~PTA会長~
「ザマス!」                                      完


無駄とゴミは減らす方向市長


「市長!ゴミ処理施設の改築ですが、解体費用の捻出はどうします?」
「建物を丸ごと粗大ゴミとしてどこかに捨てよう」
「粗大すぎます」
カッ。ドサリ。                           完



「市長!市の広報誌に対談を載せたいので、識者を招きます」
「何拍子だ」
「指揮者じゃないです。指揮者だとしてもその質問はおかしいです」
カッ。ドサリ。                           完



「市長!記憶喪失って本当ですか」
「うむ、記憶を失う前は私が市長だった事は覚えているが、今の私が誰かわからないのだ」
「わかってるじゃないですか」
カッ。ドサリ。                           完



「市長!去年から続けている財政状況見直しの一環で無駄なことをもっと減らしましょう」
「では昆布をブンブン回す部署を廃止だ」
「いつの間にそんな部署を」
カッ。ドサリ。                           完



特別読み切り ~クラウド市長~
「でも市長はどこに居ても仕事しないから意味ないですよね」
カッ。スッ。←クラウド                       完



特別読み切り ~オシャレ市長~
「オシャレ市長という言葉の響きが面白すぎて反則です」
カッ。ドサリ。                           完



(文・ビビンバ吉田)


後書き:
クラウドコンピューティングって言うけど、クラウドを前面に押し出すのは
むしろソレを意識させるという意味で矛盾してるのではなかろうかと思ったりもしますが
そんなに上手いこと言ってるワケでもないので特に誰にも話したことは無いです。

関係ないけどセザンヌ展観てきました。
セザンヌは風景画が好きです。
人物画はちょっと…。あ、庭師のオッサンの絵は良かった。
静物画は静かすぎて耳がキーンってなりそうだったんですけど、なんでだろ。
そこにある立方体市長



「市長!博物館に匿名で5000万の寄付がありました。役に立てて下さい、との事です」
「よし、展示しろ」
「そういうことじゃない」
カッ。ドサリ。                          完



「市長!市庁舎内禁煙は賛成ですけど、喫煙所はどこに設置しますか」
「市庁舎内の漫画喫茶」
「どさくさに紛れて娯楽施設増やさないで下さい」
カッ。ドサリ。                          完



「市長!ノート等、足りてないものはあります?総務に発注してもらいます」
「ズワイガニ」
カッ。ドサリ。                          完



「市長!低コストで職員全体のインフルエンザ予防に効果的な対策は無いでしょうか」
「市庁舎に予防接種する」
「仮に予防接種したとして、効果あると思います?」
「いや」
カッ。ドサリ。                          完



「市長!そこにある立方体をとって下さい」
「うむ」
「ありがとうございます」
「ところでそれは何だ?」
「立方体です」
「そうか」
                                 完



特別読みきり ~反抗期~
「うっせーよ」
                                 完


(文:ビビンバ吉田)




ATOKPassportというモノを購入し、パソコンとAndroid端末両方にATOK入れられてお得!
Android標準日本語変換は、そんな日本語ねえよ!という変換されて
面倒だったのが解消されてとても快適になりました。

あ、更新久しぶり・・・。
ビビンバ吉田です。
わあ、気がつけば年末。上を向けば晴天。風を感じれば寒いよピュルルーン。ですね。

しばらく更新をサボっておりました。
10~11月 とにかく本当に何も書く気もやる気も起きなかった
12月    ちょっと他の事をやってみようかといろいろ考えたりしてた
というのがざっくりとした近況です。
そうですね、もっと最近の話をさせてもらいますと、さっきお風呂に入りました。

さて、そんなこんなで久しぶりに市長と秘書を更新しました。
今回はぱろしょ本家に投稿したのでリンクから飛んでって下さいまし。


市長と秘書-最先端市長


これを機にいろいろと復活しないとー!

まずは携帯に書きかけの『メロンが好きすぎてメロンパンになった男の話』を
書き上げたいと思います。


(勤務中に市長と秘書・ビビンバ吉田)
チーン市長


特別読み切り ~電子レンジ市長~
「市長!給湯室で何やってるんですか」
「電子レンジのマネ。チーン」
「……」
「呆れてないで私の口に食べ物を入れてみろ」
「こう、ですか?」
どぼどぼ。←シチュー
「もぐもぐごっくん」
カッ。ドサリ。
チーン。                          完



「市長!最近地震が多いですね。市庁舎が免震構造とはいえ、やはり不安です」
「地盤を免震構造にしよう」
「スケールが大きすぎます」
カッ。ドサリ。                       完



「市長!全館見回りしてようやくさっきの火災ベルは誤報だとわかりました。館内放送流します」
「いっそ誤報を感知して鳴る報知器も必要だなあ」
「いりません」                       完




(文・ビビンバ吉田)
リハビリ市長


特別読み切り ~リハビリ市長~
「市長!久しぶりの登庁ですね。何故久しぶりかは謎ですが」
「うむ、しばらくリハビリをしていた」
「リハビリですか。結果は出ましたか?」
「直立不動のまま移動できるようになった」
「余計な技を身につけてないで仕事に来い」
カッ。ドサリ。                     完





「市長!市のアピールの為に市のマスコットキャラを作りませんか?」
「そうだなあ。コンブマン」

konbuman

「我が市と昆布関係ないので却下です」
「じゃあコレ」

mamemania

「完全にアレ(※)なので却下。もういいです」
カッ。ドサリ。                     完






「市長!国から我が市に空港をつくりたいと申し入れがありました」
「空港ができたら毎日飛行機が見られるな!」
「おそらく、特に離着陸のエンジン騒音で住民からは大反発されますよ」
「じゃあ飛ばないタイプにする」
カッ。ドサリ。                     完





(※市長と秘書RPGをプレイすると一発でわかりますよ!)


(文・ビビンバ吉田)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。