ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ビビンバ吉田です。

第3回アンケート『隣の客は?』の寸評です。

もはや完全放置で申し訳ありませんでした。

まずは結果。

anke3

画像をご覧の通り
柿食う客   7票
平行四辺形 11票
財産目当て  7票
普通     3票
合計    28票

となりました。

ではそれぞれの比率を元にした個別評をしていきます。

1.柿食う客
この結果で何より驚いたのは柿食う客の多さです。
そもそも『柿食う客』という言い方が変であることにお気づきでしょうか。
客は一般的な状況において訪問先からふるまわれる物を
やむなく食べているに過ぎないですね。
ここでは『柿をふるまう訪問先』の多さに着目すべきなのです。
28分の7という確率。
客に柿を出す確率が尋常ではない、
ということがはっきりします。
更に考察を進めますと、日本には春夏秋冬の四季というものがあり、
柿は秋が旬であることは皆さんもご存じかと思います。
そして28分の7=4分の1です。
今回、時期を限定していないのが悔やまれますが、
1年という時間単位を組み入れてみると、秋には100%の確率で客に柿が出されている、
という可能性すら出てくるのです。
(ハウス栽培、干し柿を考慮すると100%は言い過ぎかも知れませんね)
戦慄の柿地獄。


2.財産目当て
また、同率に『財産目当て』があるのも驚きです。
財産を目当てにされるような資産家が柿を出す訪問先と同率というのは
日本が裕福であることを喜ぶべきなのか、柿が凄いのか判断に困るところです。
隣の客が財産目当てだとわかるには相当な洞察力が必要でもあることから、
世の中には観察・洞察力に非常に優れた方が多くいるというのもここから導き出されます。


3.平行四辺形
さて一番多かった『平行四辺形』ですが、
これはずいぶんと困らされました。
私は平行四辺形の人を見たことが無いのです。
玄関から入ろうとしても身体が Σガンッ てぶつかっているような図が浮かびますが
合っているでしょうか。
平行四辺形向けのバリアフリー施設もみたことが無いので、
器用にすり抜けられる程度の平行四辺形レベルなのかも知れませんが。
それとも身体の各パーツが平行四辺形なんでしょうかね?
ポリゴンっぽい人っているんですね。

注意としてこのアンケート結果において後述の『普通』よりも『平行四辺形』が多いとはいえ、
気をつけなければならないのは、
平行四辺形の人の絶対数が普通の人より多いのかまではわからないという事です。
平行四辺形であるが故に客として招かれることが多いのかもしれませんからね。
そこを勘違いしてしまうと統計学のトリックにひっかかる要因となります。


4.普通
『普通』が3票で一番少なかったというのは実は私は納得しています。
なぜなら、隣の客をみて「ああ、普通の客だ」という感想を
抱くことが本来異常であるからです。
それはつまり、いつも明らかに異様な客ばかりを招く隣人がいなければならず、
また、逆に『普通の客』ばかりを招いていれば各人に対して何某かの相違点を
見出そうとするのが人間だからです。
人間心理の妙がここに現れている、と私は思いました。


5.まとめ
まとめとして皆さん隣の客をよく観察しているな、と思いました。
プライバシーの侵害はほどほどにしましょう。


6.お詫びと今後のアンケートについて
で、ですね。
第2回のアンケート寸評もやってなかったんですね。
しかも困ったことに、今使っているアンケートサービス(@nifty投票)が
サービス終了してしまい、第2回の結果が消滅。
寸評できなくなりました…。
誠に申し訳ない。


次に別のサービスか、何か別の企画をやるかは考えます。
使い勝手いいアンケートブログパーツないかなあ。



(分析・ビビンバ吉田)
スポンサーサイト
こんばんばん。
ビビンバ吉田です。

本日、第3回アンケートを設置しました。
右側のブログサイドバーより正直なご意見を投票ください。

第2回アンケート結果講評は近いうちに載せます。
何故今日載せないかというと、次のアンケートを
急に思いついて切り替えたくなっただけで
講評に何を書くか全く考えてないからです。

第3回アンケートの質問内容は
『隣の客は?』です。
シンプルな問いですので答えやすいと思います。
貴方の思う隣の客に一番近いものを投票してください。

1.柿食う客
2.平行四辺形
3.財産目当て
4.普通



なお、このアンケートを悪用することにより
ビビンバ吉田が大金持ちになったり、フランスがイギリスになったりすることはありませんのでご安心ください。



(アンケーター・ビビンバ吉田)
ビビンバ吉田です。

現代日本の風潮、腐敗、真実を明らかにする手がかりとさせて頂くために
私が本ブログにて設置しておりますアンケートにつきまして、
第1回の結果を締め切らせて頂きました。
ご回答下さった皆様、ありがとうございました。

<集計期間>
9/23~11/29

<アンケート設問>
『本能寺で焼死した?』

<選択肢>
『はい』
『いいえ』



第1回ということでシンプルな内容の設問といたしました。
本能寺で焼死したといえば、織田信長。
つまり、現代日本に存在する織田信長の生まれ変わりがどれくらいいるのか
というのを明らかにできればと思い、本アンケートを行った次第です。

以下に締め切り時点の票数イメージ画像を示します。

an1

『はい』  13票
『いいえ』 13票

となりました。

回答数の少なさがネックとなり信頼性には多少欠けますが、
推計統計学に基づいてアンケートに答えて下さった方々を
無作為抽出の部分集団とみなしますと、

日本人の比率
 信長50%/信長以外50%


現代日本人の半数は織田信長だったということがわかりました。

ホトトギス絶滅ですね。



もしかすると、信長が半数なのであれば、残り半数は森蘭丸なのでしょうか。
でないとバランスとれないですよね。
つまり、

日本人の比率
 信長50%/蘭丸50%


しかしこれでは明智光秀の生まれ変わり比率が0になってしまうのですが
これを逆算していけば、
明智光秀は存在しなかった、ということになります!


つまり信長は本能寺で光秀に焼き殺されてなどいなかったのです。
なんと現代を知る為のこのアンケートで歴史の新事実が示されました。


……アレ?だとすると、このアンケートの結果は何だったんすか?
本能寺で焼死した信長は明智光秀に焼き殺されてなかった。これは一体…。
アンケートから導いた結論が矛盾を抱えるという、まさに現代を象徴するような皮肉な結果になってしまったようです。
(雰囲気だけで言ってますが気にしないで下さい)

やはり1回くらいのアンケートでは現代日本を暴くことは出来ないようです。
そこで次のアンケートも設置させて頂きたいと考えました。


第2回アンケートは
『全財産900円。そのとき貴方は?』です。

できれば収入、他者からの融通が一切ないことを想定の上ご回答下さい。
回答一覧は本ブログサイドバーのアンケート枠内にありますので
『これが最もだ』と思われる選択肢にご回答下さると幸いです。




最後に今回の反省点ですが、集計期間が長すぎたこと、集計中はもっと訪問者数を伸ばすべく
更新を頻繁に行うべきだったのですが、だらだらした結果、無理でした。
次はだらだらしないように気をつけます!


よろしくお願い致します。


(総評・アンケート ビビンバ吉田)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。