ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
だだっ広いダイニングで一人、男がいた。
何時間そうしていたか、考える気も起きなかったが
いつの間にか陽が落ちていたことに気づき、緩慢な動作で部屋の電気を点ける。
のどが渇いていたことにも気づいたのでそのまま台所の冷蔵庫を開け、
ゲロルシュタイナーを取り出す。
次いで。
目についた小瓶も取り出した。

システムキッチンの収納棚からティースプーンを出して椅子に座る。
ペットボトルの蓋を開けると充填されたガスが小気味よく噴き出す。
大きな気泡は勢いよく弾ける。
ひとまず蓋を横においたままにして、今度は小瓶の中身をスプーンですくった。
液体の中にそれを落とす。
蓋をして振る。

ジュバアア、という音とともにゲロルシュタイナーは赤く染まった。
彼は再び蓋をあけて一気に流し込む。
そして流すこむとほぼ同時に
「あー!」
本能から出る叫び。
目の前がフラッシュした。
「あー!ああーー!」
思わず椅子から落ちてのたうちまわる。
ぼろぼろと涙が出る。

赤の正体は豆板醤だった。

強炭酸に容赦ない辛み成分。

辛くて痛い。

痛くて辛い。

なんだかわからない。
わからなくて、錯乱して、だから涙も出る。
自然なことなのだ。
不自然なことは何もない。

「はーーー、ふーーー、ああ…あ」

残りも一息で流し込んだ。

地獄だ。
胃が焼かれているのではないかと思う。
視界も無茶苦茶。
涙と鼻水と涎。
思考も断ち切られるかのような感覚に陥る。

ずたずたに。

ずたずたに断ち切られた。


「はあ、はあ…」


ひとしきりのたうちまわり、辛みが落ち着いて自分がどこに居るかを再認識すると
彼はハンドタオルで涙を拭いて、ペットボトルをひねり潰して捨てた。

もう二度と飲まない。
そう決めた。


-完-
スポンサーサイト
――板の間の中央。
長躯の男が一人立っていた。
白の胴着に袴。
右手には抜き身の刀がある。
軽く腕をふるうだけで、ぴぃっと空を斬る音が鳴るほどの業物。
かの妖刀、村正であった。

男は姿勢を全く変えることなく、だらりとおろした腕を時折ふるい、ただ空を斬っていた。

しばらく。
半刻ほども過ぎたであろうか、
男は一度左手に刀をもちかえ、グラタンの横においた。


(グラ正…)


男はにやにやした。
やがて、冷めたグラタンをレンジでチンして食べ、村正を鞘におさめた。

そうして何事もなかったかのように板の間をあとにし、
別室にいる控えの者に

「異常ござらん」

と、だけ伝え、屋敷をあとにした。

幕府より村正の管理を任された男の密かな楽しみがここにあった。


━完━



むかしむかしあるところに

紫色のおじいさんと、棒を持ったおばあさんがおりました。

おばあさんはことあるごとにおじいさんの色具合に
ケチをつけて棒でたたいておりました。

そんなある日、おじいさんは泣きながら山へ芝刈りに、

おばあさんは空中に投げた棒に飛び乗って、その勢いで川へ洗濯に行きました。


おばあさんが川で棒の洗濯をしていると、川上から桃が流れてきました。
流れが急なところで川岸に何度かぶつかったらしく、結構傷だらけでした。

おばあさん「食えなくもない」

棒で水面を数回トントンとたたき、作り出した波にうまく桃を乗せて、
川から飛び出させ、一度もおばあさんの手に触れることなくモンペのポケットにおさまりました。

一方、おじいさんは横からイノシシにタックルされて号泣していました。


おばあさんが家に帰ると、おじいさんはいつもより紫色でした。

おじいさん「死にたい」

おばあさん「桃でも食べますか?」

おじいさん「食べたい」

桃をまな板に置き、棒で皮をむき終えた瞬間、桃は二つに割れて
中から栗が出てきました。

おじいさんとおばあさんは桃よりも栗の方が好きだったので結果オーライでした。




-完-

(文・ビビンバ吉田)
男はメロンが大好きだった。
毎日メロンを食べていた。
メロンを見ると興奮し、スイカを見ると落ち着く、そんな有様だった。

男はメロンになりたいと思った。
好きこそものの上手なれ、と思ったのだ。
その使い方は完全に間違っていたが、その気持ちは汲んであげてもいいのではなかろうか。
男は割と筋肉質の身体をしていたが、繊維質と糖度の点でメロンには及ばなかった。
ためしに重度の糖尿病になってみたが、周囲からメロンぽくなったと言われることもなく
ただ心配された。

その後、闘病生活を送っていたある日、メロンはムリだがメロンパンにはなれるかもしれない、
男の脳裏に稲妻が走った。
そう思った男は日焼けサロンに通い、こんがり小麦色に焼いた。
「もはや小麦だ」
そう確信した男はパン屋を探した。
しかし不況のあおりを受けて街に溢れていたパン屋は軒並み潰れてダンス教室になってしまっていた。
困り果てた男はパン屋をさがす旅に出た。

そして11年が過ぎた。
ある日、パンウマーイという町にたどり着き、ふらふらと歩き回っていると
とある店の中から威勢のいい声がきこえてきた。
「カレーパンカレーパン!ピザパンベーグルチョココロネクロワッサァァァァァアン!」
ここならいける。直感した。
店に飛び込み、早速メロンパンになりたい旨をわかりやすく伝えた。
「ここは武器屋だが」
「えっ」

予想外の答えに男はうろたえた。
『どう考えても、パン屋ではないか…』
がくがくとひざが震えだし、崩れ落ちながら男はそう消え入りそうな声で言った。
「私は、メロンパンになりたいのです」
うつぶせに倒れたまま男は言う。
「何故そんな夢を」
「メロンが好きだからです。しかしメロンにはなれません。ならばせめて」
「メロンパンもムリだろ」
「じゃあ、私の11年はなんだったんでしょう」
「ムダな歳月」
男は自分の身体が更に床にめり込んだような気がした。
「先ほど、パンの名称を叫ぶ声が私の耳に届いたのです。しかしここは武器屋だという。ああ、もう何も信じられません。幻聴だったのでしょうか」
「それは叫んでいた。強くなる為に斧を振り回していた。そう、斧を扱うときはパンをこねる感じを意識しろと、かのソードマスター、オカカオニギリ殿から教わったのだ」
「ソードマスターなのに何故斧を」
「えっ」
今度は武器屋がうろたえた。
「考えたこともなかった。私は何故ソードマスターに斧を教わろうとしたんだ。今までの12年はいったい」
「ムダな歳月」
武器屋はあまりのショックで前のめりに倒れこんだ。
店内は二人の男がうつぶせになっているシュールな光景と化した。
「あなたは私よりも1年むだにしたのですね」
「そうだな。どうりで全く上達しないと思った。ソードマスターになら、剣を教わるべきだったのに…!」
「ソードマスター殿も困った末のデタラメだったのでしょう」
「オーノー」
「センスもひどいですね」
「死にたい」
「しかし死にたいのは私もです。もう以前の生活に戻るには時をムダにしすぎた」
「せめて若返りの秘薬が欲しい」
「実在するのか、そんなものが」
「わからない。だがそんなことは問題ない。我々でつくればよいのだ」
「そうか…もう無駄にしきった人生だ。それに賭けよう」
「ああ」
奇妙な友情が芽生えた二人の無駄人生組。
うつぶせになったまま、若返りの秘薬をつくって人生をやり直そう、と固く誓いあった。



しかしそんなものは完成することもなく、
というか二人とも2~3日で研究に飽きてその後の人生をだらだら過ごし、
何事も無く幕を閉じた。


-完-


教訓:時間を大切に
ビビンバ広告機構
じめじめした空気を吸っていると脳まで湿気に冒されて思考がべとべとしてくるようだ。
大した事も解っていないのに難しいことを考えようとする。
そうして、自分のべとべと思考に全身浸かってしまう。

私は至極単純な人種だ。

爽やかな五月晴れの日などは無意味に楽しくなるし、
今日のようにあまり歓迎されない気候の日はこうして狭い世界に落ち込む。

小難しいことを考えたところで自分の価値が上がることはない。
そんな気になるだけだ。

それを知りながらそれでもなお小難しい何かに浸ろうとするのは
まだ自分は世の中に何かを期待しているからか。


どうして生きるんだ自分は、と。
世界の人々はどうして生きてるのかはっきりしてるのか、と。



ううん、本当にべたべたするな。


窓閉めてクーラーを入れよう。

ぴっ、うおーん。 ふぉーふぉーふぉーふぉー (←除湿)


よーし、明日もホームランだ!

システムエンジニアだけど!






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ビビンバ吉田です。

↑の独白的文章は机に足のっけてウーロン茶飲みながら適当に書いただけの思いつきなので
深く考えず流し読むのが正解です。


今日ボーナスだったんですけどー、支給日をしったのが昨日で
それも部長から支給額内示があったからという。
内示がなかったらたぶん今日の昼過ぎまで気づかなかった…。

確かボーナスって8月だっけ?とかいつも夏のボーナスがいつなのか分からなくなる。

あ、ボーナスあがったよ!使い道ないけど。





(思いつき文章・ビビンバ吉田)
その日、私は一人で買い物に出掛けていた。

買い物帰りに気紛れで買ったスクラッチくじで一万円が当たり、その足で焼肉屋にいった。
誰か呼ぼうかとも思ったが、近しい者は皆予定があるとかで、だから今日私は一人で買い物をしていたことを思い出した。

「レバー5人前とユッケ5人前と冷麺とラーメン」
私は好きなメニューを注文した。
注文したものと一緒に、薄めに延ばした長方形の餅がテーブルに置かれた。
ウェイターがかっこよかったので判断が鈍り、それが何なのか聞きそびれた。
トッポギは丸餅だし、そもそも頼んでいない。
よくわからないが、食べるものだから、と思って金網にのせて軽く焼いたら変化が現われた。
″合計 \6380″
どうやらこの餅は炙り出しお会計伝票だったらしい。
金網から降ろし、ひとまず食べる方に集中した。
レバーを注文しすぎた、という事実には向き合わないことに決めた。


40分程で全てをたいらげ、冷めて硬くなった餅伝票で会計を済ませた。
レシートも餅だった。
硬くて財布に入らず、仕方なくバッグに直接入れた。
店を出るともうすっかり夜の帳は落ちており、四月も後半だというのに冷たい夜風が頬を撫でていった。

歩いて、飲食店街を抜けた頃。

ああ、炙り方を工夫すれば安くあがったなあ。
何も書かれていない不可解なレシートをライターで炙った時、そんな事に気付いたのだった。


   30


-終-

<登場人物>
冴子
 商品開発部の敏腕ぶっ飛びエリート29歳

摩耶
 商品開発部の中堅社員27歳

テカテカ専務
 乱反射する実力を買われて出世5000歳



<本文>


「ねえ、摩耶。次の会議、部屋は何号室?」
「あ、冴子さん。104号室です」
「了解。104号室って104階だよね」
「1階です。なんで1フロア1室割り当てなんですか。あとウチのビル6階建てです」
「増築したのかと思った」
「98階も増築するくらいなら建て直ししてますよ普通」
「1階高が2センチなら2メートル弱で済むじゃない」
「コロボックル株式会社ですか、それ」
「有限会社かな」
「どっちでもいいですよ!」
「ところで議題は何?『ラングドシャはいかにもぼろぼろ崩れやすそうな響きだから如何なものか』だっけ?」
「違います。そういうのは電通と博報堂に任せとけばいいです。今日は企画部の女性用防犯グッズプレゼンですよ」
「何それつまんねえ」
「ウチはそういう会社なんですからしょうがないじゃないですか」
「だいたいさあ、防犯グッズなんてちまちま作ってないでいっそ国内全域に変態探知機とか設置すればいいのよ」
「真っ先に冴子さんが探知されそうですね」
「減給」
「嫌ー!冗談ですごめんなさいーー!」
「ていうか正味な話さあ、実際防犯グッズって言ってもまた変わり映えしない役立たずでしょう?作らされるこっちの身にもなってみろって」
「それはちょっと思いますケド、それでお金貰ってますからー」
「そりゃあ私も貰ってるから文句言えないけどさあ。でも文句言うよ」
「冴子さんだったら、例えば暴漢に襲われたらどうします?」
「ナンプラーを樽ごとぶつける」
「そんな豪快な撃退思いつくの冴子さんだけですよ」
「まあ、仮に樽があればの話で」
「普通用意できませんよね」
「じゃあ樽入りナンプラー売ろうよ!」
「防犯グッズとして樽入りナンプラー売り出したらウチの株がストップ安になります」
「確かに客観的に考えてそんなの防犯コーナーに売ってたら私も正気を疑うわ」
「わかってるなら提案しないで下さい。と、そろそろ行く時間ですよ」
「あら、もう?じゃあ行きますかー、資料は特にないわよね?」
「特に無いです。行きましょう」

がちゃり。←ドア

「おわ、専務」
「あ、専務おつかれさまでーす」
「お疲れさま。人の顔を見るなり『おわ』は無いだろ、冴子クン」
「いやあ相変わらず眩しいと思って。いい意味で」
「わっはっは、毎日磨いておるからな!ところで冴子クン、さっきナンプラーがどうとか言ってなかったか」
「ええ、言いました」
「ワシは今、偶然ナンプラーを持っておる!」
「だから何ですか」
「予想外の冷たい反応!」
「じゃ、私達は会議行きますんでー」

「お、ちょっと待てワシと一緒に夜のナンプラーを(意味不明)、あっ」

ずるっ。←階段踏み外した
ごろんごろんごろん。

「ぎゃー!」

ごちん!←壁+頭

びちゃ。←ナンプラー

「……」


「……」
「……」

「どうするんですか、この惨状。専務が自滅したとはいえ」
「えー…、や、やっぱり秋刀魚は目黒に限るっ」
「脈絡もなく落語のオチで締めてどうするんですか」
「魚とナンプラーが微妙にかかってる」
「ナンプラーは秋刀魚使いませんよ」




「んじゃま……か、会議室いこーか」
「……それがいいですね」


そしてこの事故をきっかけにテカテカ専務が防犯ナンプラースプレー(樽型)を思いつき、
無理に開発を推し進めた結果、会社は倒産した。


-終-




後書き:
最終的にオチを考えるのがめんどくさくなりました。
FFⅣを休日にちまちまやってますが、雑魚敵のエンカウント率が高すぎて疲れます。
あとしっぽのドロップ率が低すぎて1個も手に入りません。落とすモンスター自体は割とエンカウントするんだけど。
異常に強いけどドロップ率高め、という方がやりがいあると思いんだけどなあ。


(文・ビビンバ吉田)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。