ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ビビンバ吉田です。

本日はお知らせです。
ブログサイドバーにアンケートというものを設置しました。
(テンプレを使っただけで、自分がイチから作ったものではありませんが)

現代人の核心に迫るべく設置した驚愕アンケートです。
ご覧になった方は是非とも参加して頂けると幸い。

記念すべき第一回のアンケートは
『本能寺で焼死した?』
です。
本能寺で焼け死んだことがある人は"はい"、
そこで焼け死んだことは無いなあ、という人は"いいえ"でお答え下さい。

二者択一なので答えやすいと思います。


一定期間か、票数でテキトーに締め切り、
アンケート結果の発表と共に、
現代の病巣や風潮などの見解も述べたいと思います。


あとそのうち自作のアンケートプログラムも作りたいです。
円がもっとぐにゃぐにゃして「ほんとに集計できてんの?」と不安になる感じのやつとか。

もしアンケートらしきものが表示されない人は
Flashのプラグインがインストールされてない為と思われますので適当に検索してどうにかして下さい。
もしくはアンケートなんか最初から無かったことにすれば大丈夫です。


(文・ビビンバ吉田)
スポンサーサイト
ビビンバ吉田です。

連休だってのにネタがねーたあどういう事だいこんちくしょいハックショイ!

※無理に駄洒落を混ぜたりして勢いで誤魔化しましたことをお詫び致します。


『心の乱れとは』(知らない方は右のカテゴリから読んで頂けると幸い)
を書いていたのですが、久しぶりに挫折しました。

"今回の彼女の言葉"
「焼けない水をカチカチッとすると眠くなるのは、最初から周囲の辻褄が合わなくなるのを防ぐ為の作用なんだってさ。水なのに、悲しいね」




このシリーズはいつも彼女の言葉を書いてからその先を考える為
どう展開するのかが自分でも一切わからず、
主人公と共に私自身が彼女の言葉に翻弄されています。

"焼けない水"は書きやすい、と最初に思ったのですがこれがすっごく難しい。
火に近づける行為全てが"焼く"では無いという事実が
どうしても引っかかってしまい、言葉選びに苦労しすぎました。

"焼く"はきっと直接に近い形で熱を加えて性質が変化する場合を指すから
水が熱を加えて性質変化するのか?
それって水か?
どうなるんだ??
と自分自身本気で混乱してしまって文章にできませんでした。
あうあうあー。

ただまあ、投げ出したままでは成長できないので
没で非公開のまま、最後まで一応書いておくつもりです。


以下、現段階で挫折した書きかけを載せておきます。


フォアグラをフリスビーにして遊べるくらいのお金持ちになりたいビビンバ吉田です。

ヒョゥッ ←投てき
ブブブブブブブーン ←回転飛行するフォアグラ
ばちょっ。 ←顔面キャッチ
金持ち「代わりのフォアグラをここへ!あとタオル!」

みたいな。

本日は気紛れでyoutubeから私がよく聴いてる曲のPVを載せてみようかと思います。
ちょっと古い曲ですがお時間があれば聴いてみて下さい。
こんなサイトにアクセスしてるんだから暇ですよね。



Squarepusher "Do You Know Squarepusher"



The Flashbulb "Kirlian Shores"



4hero "Star Chasers"



あと、やまけんさんには
The Flashbulbの"OFEHighways"という、
SimCity4の画面を思い浮かべながら
聴くと違和感なさすぎてウケる曲があったのですが
youtubeで見つからなかったので断念。
お詫びにこれ貼っておきます。



あまり貼ると重くなるのでこのへんでー。


(文・ビビンバ吉田)
チーン市長


特別読み切り ~電子レンジ市長~
「市長!給湯室で何やってるんですか」
「電子レンジのマネ。チーン」
「……」
「呆れてないで私の口に食べ物を入れてみろ」
「こう、ですか?」
どぼどぼ。←シチュー
「もぐもぐごっくん」
カッ。ドサリ。
チーン。                          完



「市長!最近地震が多いですね。市庁舎が免震構造とはいえ、やはり不安です」
「地盤を免震構造にしよう」
「スケールが大きすぎます」
カッ。ドサリ。                       完



「市長!全館見回りしてようやくさっきの火災ベルは誤報だとわかりました。館内放送流します」
「いっそ誤報を感知して鳴る報知器も必要だなあ」
「いりません」                       完




(文・ビビンバ吉田)
ホーゥ、ホーゥ。

フクロウが鳴いていた。首がぐるんぐるん回っていた。

うっそうとした暗い森の中をさまよう。一歩進むたびにこめかみのあたりがずきずきする。
「解熱剤、切れちゃったかな…」
熱が再びあがりはじめ、頭がぼーっとしている。一人で薄気味悪い森を歩くには、それは幸いだったのだろうか。
人一倍怖がりのはずの霧香は恐怖にかられることもなく、ただ皆を探すこと以外頭に無かった。
今日は友人達と山歩きにきていた。霧香は体調が思わしくなかったのだが、薬を飲み、多少無理をして参加した。
理由は簡単。
ここで取れる物は全て非常に美味しい、何でも美味しくなる山だという噂を聞いていたからだ。
「山を食い尽くす」
霧香は友人にそう豪語していた。

「幸運!こーーーううううんんん!」
「吉兆!きっちょーーーーおおおぉぉぉ!」
気合いの入った甲高い声が会場に響き渡る。
二人の若者は互いに向き合い、長さ2mはあろうかという
巨大な恵方巻きを正眼に構えていた。

審判と観客の見つめる中、両者一歩も動かない。
一瞬のスキが命取りとなる。

緊迫。

硬直。

恵方巻き。

緊迫。

硬直。

恵方巻き。

そう、今まさに雌雄が決せられようかという一戦、
『恵方巻き剣道 決勝戦』が行われていた。
今日は月曜だと言うのに7時から飲み始め、気付けば12時を回っていた、
という飲み会でした。
ビビンバ吉田です。

ビールしか飲んでないけどちょっと酔って楽しいです。

来週からアメリカに行ってしまう同期を送り出そう、というのが
3割くらいの意味合いの男だけの飲み会。
男だけの時にしか話せないような、
本当に下世話というにふさわしい話をしてとても愉快でした。

帰り際、いつもと同じようにお開きとなり、
ただ最後に
「次は来年だ。日本に帰ってきた時に飲むぞー!」
とだけわめきあって普通に別れました。

この凄くいい加減で、だけどどっかで繋がってる感じがするやりとりは
男同士ならではのものではなかろうかと、あやふや世界で思うのでした。


いやあ、あれは本当に来年飲むことになるね。
来年の楽しみが出来た。
うむうむ。


(文・ビビンバ吉田)
ビビンバ吉田ですです。
ブリザドファイヤー!(ぬるま湯)

本日は仕事休みで一人行動してたので喉をあまり使わずに済み、ようやく快復しつつあります。
さっきまで『心の乱れとは』を書いていたのですが、仕上げられなかったので明日にまわすことにしました。


さて現在、先日に行ったストレート心理テストが私の中でとても面白かったので、
次は設問にクリックで1問ずつ進めて途中で分岐もする診断テスト
のようなものをやってみたいと考えています。

例として1問目に
「ターヘルアナトミアを訳した?」
にYes/Noで答えてもらい、
Yesなら「貴方は杉田玄白です!」と結果が表示される感じ。
Noなら次の設問へ。
そして最終的に貴方が何者なのかを診断する。
折角だしFlashで作れるように頑張ってみようかなあ。時間無いけど。

あとは全然意味わからないアンケート。
設問が「寿司と板東英二、どっちが強い?」の二択。
結果は円グラフで表示されるの。



えーと、あと、アルメナ=クライツェッツの話はもっといろいろ考えて
長編に組み直したいです。
ていうかどっかの公募に出せるように書きたいです。


最後にどうでもいい話。
先日、同期の女の子に、私がピンク色の上着を着てるその出で立ちを見て
「Hotpepperみたい!」
と表現されたのですが、理解できませんでした。
言った本人も理解できてませんでした。


――世の中はわからないことばかりです。



(文・ビビンバ吉田)
十二国記の新作(多分読み切り)が9/26のyomyomに掲載されると知ったので
テンション高めで喉が痛いビビンバ吉田です。

風邪が治らないよー。げふげふ。
仕事が増える一方だよー。おえおえ。
という状態の今週です。


今週末はおとなしく家にひきこもろう。


さて、会社の近くに定食屋があります。
で、昼休みに飯を求めて放浪中、ふと目にとまった手書きのメニュー看板に

yakitei.png

と書いてあったんですけど、何を焼いてるんでしょうか?
定食を全体的に焼いてるのかなあ。それとも店長を?
あ、夜気定食だったら風流な感じですね!木の葉の音がさやさやと聞こえて(※店長のボイスパーカッション)、頬を撫でる少し冷たい風(※店長の鼻息)…。
灼き定食だと真っ赤に灼けた鉄の棒を食わされそうですが。


でも何にせよこれを見たおかげで1つ小説のタネが思いついたので、
ありがとう、やき定食!

itasimasi.png

これは流石にねつ造です。ごめんなさい。

ちなみに今日のお昼ご飯は富士そばでした。



(定食・定食屋 文・ビビンバ吉田)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。