ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
その日、私は一人で買い物に出掛けていた。

買い物帰りに気紛れで買ったスクラッチくじで一万円が当たり、その足で焼肉屋にいった。
誰か呼ぼうかとも思ったが、近しい者は皆予定があるとかで、だから今日私は一人で買い物をしていたことを思い出した。

「レバー5人前とユッケ5人前と冷麺とラーメン」
私は好きなメニューを注文した。
注文したものと一緒に、薄めに延ばした長方形の餅がテーブルに置かれた。
ウェイターがかっこよかったので判断が鈍り、それが何なのか聞きそびれた。
トッポギは丸餅だし、そもそも頼んでいない。
よくわからないが、食べるものだから、と思って金網にのせて軽く焼いたら変化が現われた。
″合計 \6380″
どうやらこの餅は炙り出しお会計伝票だったらしい。
金網から降ろし、ひとまず食べる方に集中した。
レバーを注文しすぎた、という事実には向き合わないことに決めた。


40分程で全てをたいらげ、冷めて硬くなった餅伝票で会計を済ませた。
レシートも餅だった。
硬くて財布に入らず、仕方なくバッグに直接入れた。
店を出るともうすっかり夜の帳は落ちており、四月も後半だというのに冷たい夜風が頬を撫でていった。

歩いて、飲食店街を抜けた頃。

ああ、炙り方を工夫すれば安くあがったなあ。
何も書かれていない不可解なレシートをライターで炙った時、そんな事に気付いたのだった。


   30


-終-
スポンサーサイト
タイトルは気にしないでください。

ビビンバ吉田です。


土日と風邪引いてほぼ寝っぱなしだったにも関わらず今日も快復せず会社にいったらきつかった。
当たり前でした。
まあ今日明日とでやらなきゃならん仕事があったので仕方ないのですが。
会社をポイ~ンと放り出して別の稼ぎ口を見つけたいものです。
小説家や面白い何か作っちゃうぞ紳士になりたいです。
会社組織ってのがもう嫌。アレに属してる限り生きてる気がしない。
でも実際ポイ~ンと放り出して、さあどうする、ってところで堂々巡り。

ま、それはおいといて。

会社を出てへろへろ帰り道。

最寄りの地下鉄駅から出て、ふと周囲に注意を向けて思いました。

あれ、世の中ってこんな静かだったっけ?

と。
体調悪くて耳が遠かったのもあるかも知れません。
でも妙に静かに思えたんですよねえ。

昔は親にも口うるさくあーしろこーしろ言われるのがいつの間にかなくなったから、
ってーのはなんかいい話でまとめようとしてる感がひどすぎるのでやめます。
歩いてる最中そんなん全く思わなかったし。後付けだし。


高層マンションの、縦に規則正しく並んだ灯りの列。
あれが1箇所抜けてるとむしろほっとします。



ともかく今日は体調がとても悪いので薬を打って飲んで寝よう。
喉痛いよー。


(病人・ビビンバ吉田)
ビビンバ吉田です。

今日は、2月ごろにふらっと観にいったメディア芸術祭の展示ですごーく印象に残ってたPVがyoutubeにあったので貼ってみます。
見てて凄くいい気分になれるので荒んだときにどうぞってな感じです。
大画面で見たらもっと凄かったのですが、これでも結構伝わるかと思うです。







ROCKETMANのLifegoesON 2.0がいつのまにやらiTunesStoreにあって購入。
ふかわりょうの作る曲はスマートな感じで好き。(悪く言えば捻りが無いんだけど)



(リンクはりはり・ビビンバ吉田)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。