ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
会社帰り、郵便受けを開けると高級マンションの広告が入っていた。
いつもはゴミ箱にポイなのだが、広告のデザインからしておしゃれだったので晩御飯を食べながらちょっと中を見てみた。
「こ、これは…」
ゴクリ。
私は息をのんだ。あとみそ汁も飲んだ。
ギザハイクラス。
32階建て高層マンション。
特に私が惹かれた2LDKの部屋にはゲストルームが2部屋もある。
これなら今までのようにいちいち客人を泊める際に、ベッドから一枚ひっぺがした敷き布団を床に敷いて「ここで寝ろ。いびきがうるさかったら蹴りぶち込む」と脅しをかける必要もないのだ。
さらに高級感溢れるエントランスホール。
ああ、素晴らしい。
そして防犯対策には不審者をビームで焼き殺す装置完備!←伏線
買うしかない。
「この部屋下さい」
マンション屋「あいよ!」
こうして高級マンションを手に入れ、セレブへランクアップした私は早速引っ越しです。
今の賃貸とはおさらばです。
グッバイ賃貸。
そして――

「着いた。ここが私の新しい住処か」
ディンプルキーを差し込み、ドアを開ける。
がちゃり。

ぴー。←不審者抹殺ビーム

「ぎょひー」
こうして私は天国に引っ越ししました。

-終わり-

上の話はどうでもいいんですが、ええ、マンションの広告が入ってまして。
いつもはゴミ箱にポイなんですが、パッと見で高級そうだったからよくみてみたら本当に高級マンションでした。
エントランスにラウンジとか、カッコイイヨー!!
これまで自分の居住スタイルに全然興味無かったんだけど、初めて高級マンションに住んでみたいと思った。
私は田舎で一戸建てよりマンションがいいなあ。
何にせよ大変なお値段でございました。
今の仕事してるだけじゃムリだ。どーにかして別の稼ぎ口つくらなきゃぜんっぜん届かないや。
さて、収入を増やすにはどうしたものか?


明日はボーナスだけど、こういうのをみたあとに自分の賞与明細みたらがっかりしてしまう気がする。
さて、一人暮らしして10ヶ月経ってようやく買ったワインの栓抜きを使ってワイン飲んで寝ましょうかね。
ワイン買ってから栓抜きがない事実に気付いたときは自分にがっかりしました。


(文・ビビンバ吉田)
スポンサーサイト

伏線言っちゃってるしww

高級マンションって憧れますね。
私は将来、城に住むんだと小さい頃よく言っていました。
今は、静かな場所に住みたいです。
隣の部屋のドアの音に起こされる毎日はこりごりです。


お陰さまで、カビは治りました!
これといって目立たないし
生活に支障もありませんでしたが、ひたすらかゆかったです。
カビキラーはカビどころか色々死にそうですねw

2008.07.03 22:26 URL | *あかね* #- [ 編集 ]

カビが治ってよかった!
耳がずっとかゆいって想像しただけで嫌だなあ…。

2008.07.05 21:28 URL | ビビンバ吉田 #3un.pJ2M [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://notimo.blog28.fc2.com/tb.php/50-b690cf77

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。