FC2ブログ

ぱろしょ出張所

創作小説投稿サイト「ぱろしょ」の管理人たちが書くゆるいブログ。 一話が数行で終わる超ショートショートを書いてみたり、無とはなんなのか。なんでもいいや、という境地を見出す感じのブログです

まったり系小説投稿サイト「ぱろしょ」は↓です。わりとしっかり小説を書きたい人はぜひぜひ。
「ぱろしょ」はモノカキのための
都市開発せずに小ネタを探すのが楽しいハートフル都市開発RPG「市長と秘書RPG」正式版公開中!
mandsrpg.png

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
貴方は、フェリシモ500色鉛筆を知っているだろうか。
色鉛筆である。


ビビンバ吉田です。今日はすごくだらだら書きます。
今日、会社の購買に貼ってあったポスターをみて知りました。
500色の色鉛筆セットが売られているそうです。
凄いですね。500色って。色って500個もあったんですね。

コレ、申し込むと毎月25本ずつ届く大人の無駄遣いアイテムらしく、少しずつ色が増えていくのを楽しむというのもセールスポイントみたいで、面白い販売戦略だと思います。

ただ500もあると色を塗る用途という感じではなくなるような気が。
むしろインテリアや棒手裏剣として使うのが一般的でしょう。


で、色名称見てみたら凄いんですよー。
『歯磨き粉色』
『歯を磨いてない時の色』
『虫歯色』
『銀歯色』


嘘です。

でも本当にあったのは
『お姫様と毒リンゴ』
それ色じゃねえだろ。
なんて思いつつ。見てるだけで楽しいです。
逆に見てるだけでいい

しかしあの色の名前って色マニアの人が考えてるんでしょうか。
ネーミングセンス魔神がいないとあんなのつけられないくらい名前が凝ってます。

色マニア「大豆色があれば大丈夫!」

気になる人は検索してみると公式HPで色と全名称見られます。


あとは遊び方としては、色を教えないで友人や恋人に贈って、色名称を調べさせたら面白いんじゃないでしょうか。
貰った方もどういう意味で贈られたのか調べる楽しみが込みの贈り物。
で、『ジェラシー』を贈ったら
「『ムール貝のワイン蒸し』ありがとう!俺、ムール貝好きなんだよ」
とか言われてね。
ムール貝をトラウマになるくらい贈ってあげましょう。


私がちょっとやってみたいなあと普通に思ったのは
朝起きて、でかける前にその日の気分で選んで、その一本を持ち歩いてみる。
気分を色で持ち歩くってなんかオシャレじゃね?オシャレじゃね?オシャレ紳士じゃね?
と。
でも誰にも見せないのがミソ。多分人に見せたらつまらない。
こういうくだらないことは一人でこっそり楽しむべきです。



あの500色の中では
『巫女の紅袴』
が色というか名称がエロくていいのでイチオシです。


500色の次は、ネーミングコンセプト決めてそれに沿った30色くらいのセット売り出したら売れるんじゃないかにゃー。
『はじけろヤングマン』セットとか『寝苦しい夜、触れあう肌、衣擦れの音、かすれる声』セットとか。
もうむしろ色は後付けで。


あー、んで、あの500色セット、『青』も『赤』も見あたらないんですけど、どこですかね。


(文・ビビンバ吉田)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://notimo.blog28.fc2.com/tb.php/90-8b8996cb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。